コラーゲンは年齢とともに減っていくものです。

減少していくグラフ

コラーゲンは、年齢とともに
減少するといことをご存知でしょうか?

 

もともと体内にあるコラーゲンは、
年齢とともに減っていきます。

 

 

体内のコラーゲンの量のピークは20歳がピークで、それ以降は減少すると言われています。

 

体内のコラーゲンの量を保とうと新陳代謝を行いますが、
新陳代謝も年齢を重ねていくと衰えます。

 

そのため、体内のコラーゲンの量は
どんどん減っていってしまうのです。

 

なんと20歳代であったコラーゲン量は、
60歳代になると75%まで減ってしまうそうです。

 

 

  • さらに、年齢とともにコラーゲンの質も低下します。
  • コラーゲンは、ストレスや紫外線の影響を受け質が低下し、硬くなってしまいます。
  • 硬くなったコラーゲンは代謝のスピードが遅く、新しいコラーゲンが作られにくくなります。

 

そうすると、肌のハリが失われてしまったり、
関節や骨がもろくなってしまうのです。

 

また、古いコラーゲンが増加すると高脂血症や
高血糖などを引き起こすこともわかっています。

 

さらにコラーゲンが低下すると、血管のしなやかさも失われ、
動脈硬化を引き起こす可能性もあります。

 

 

美容や健康のために欠かせないコラーゲンは
年齢とともに減少します。

 

つまり、美容や健康を維持するためには
コラーゲンを外から補う必要があるのです。

 

 

杜のすっぽん黒酢をお得に通販するならこちら

すっぽんコラーゲンの魅力について

すっぽん画像

 

コラーゲンは、美容と健康のためにも
積極的に摂取したい成分です。

 

しかし、コラーゲンは摂取する食材によって
質が変わってくるということをご存知でしょうか?

 

 

コラーゲンは色々な食材に含まれていて、
それぞれ特徴が異なります。

 

例えば、魚の皮などに含まれている海洋性コラーゲン。

 

これは、純度も高く吸収性も優れており、
コラーゲンサプリの原料として利用されています。

 

しかし、熱に弱いという特徴があり、製造方法や調理方法によって
壊れてしまう恐れがあると言われています。

 

 

他にも豚などに含まれている動物性コラーゲンがあります。

 

動物性コラーゲンは吸収しにくく、消化しにくいという
特徴を持っています。

 

また、脂肪などがたくさん含まれており、
純度が低いと言われています。

 

さらに臭いが独特で苦手な方も多いです。

 

 

では、すっぽんコラーゲンはどうなのかというと、
良質なコラーゲンだと言われています。

 

すっぽんコラーゲンは、吸収性が非常に良く
熱にも強いという特徴を持っています。

 

しかも、コラーゲンの働きを最大限に引き出してくれる
アミノ酸がたっぷりと含まれています。

 

 

コラーゲンは、一度、胃の中でアミノ酸に分解されて
吸収されます。

 

それから再びコラーゲンとして合成されるのです。

 

そのため、アミノ酸とコラーゲンは一緒に摂取すると
より高い効果を期待できると言われています。

 

 

だからこそすっぽんコラーゲンには高い効果を
期待できるのです。

 

 

↓↓↓杜のすっぽん黒酢の公式サイトはこちら↓↓↓

杜のすっぽん黒酢